どこの取引所でどの仮想通貨を買えるか一覧

@なるみです。

どこの取引所でどの仮想通貨を購入できるか一覧を見たくて整理しました。

スポンサーリンク

どこの取引所でどの仮想通貨を買えるか一覧

整理してみて、そこでしか買えない仮想通貨があるので、

複数取引所の開設が必要だなと再び思いました。

取引所 取り扱い通貨
BTC ETH XRP LTC BCH XEM その他
bitFlyer(ビットフライヤー) MONA、LSK、ETC
Quoinex(コインエクスチェンジ)  〇  〇 QASH
bitbank(ビットバンク)  〇  〇  〇  〇 MONA
Zaif(ザイフ)  〇 MONA、ZAIF、XCP、BCY、SJCX、FSCC、PEPECASH、CICC、NCXC、JPYZ、CMS

スポンサーリンク

それぞれどんな取引所か

それぞれ手数料や特徴が違うので、用途によって使い分けですかね!

取引所 運営状況 取引手数料 サーバー強さ その他の特徴
bitFlyer(ビットフライヤー) 資本金:約41億

株主:大手多数

△0.01%~0.2% 盗難補償有り
Quoinex(コインエクスチェンジ) 資本金:約20億

株主:?

△0%~0.25% 盗難補償無し
bitbank(ビットバンク) 資本金:11億3100万円

株主:?

◎無料(18年6月30日まで) 盗難補償無し
Zaif(ザイフ) 資本金:約8億

株主:事業組合

-0.05%~
0.3%
積み立て投資有り

盗難補償無し

サーバーの強さについては、仮想通貨の価格が高騰、暴落したときに

アクセスできたか、できなかったかの状況で◎△をつけてます。

仮想通貨取引所 金融庁 登録、認可が下りている

表に乗せている取引所は金融庁へ登録完了しております。17年9月29日に発表されています。

仮想通貨交換業者登録一覧

金融庁 2017年12月1日

参考記事はこちらから

スポンサーリンク

各取引所の詳細

Bitflyer(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコインFXがやりやすいのが有名ですね。

取引手数料はmaker、takerともに一律かかります。

盗難補償が日本円に対してのみあります。

ビットフライヤーは資本金が大きく、株主が大手企業であったり、

運営が安定しているところが特徴です。

Zaif(ザイフ)


Zaif(ザイフ)はBTCに関して取引手数料がマイナスなのが強いですよねー。

BTCの取引手数料は、maker-0.05%、taker-0.01%です。

ビットコインを取引すればするほど、お小遣い?がもらえます。

bitbank(ビットバンク)

bitbankはアルトコインの取り引きでも指値ができて取引手数料も無料です!

取引手数料の無料は18年6月30日までです。

リップルを指値で、しかも取引手数料が無料で購入できるのは、

bitbankのみです。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

QUOINEXは2014年設立のシンガポールの取引所で、現在は日本に拠点を置いています。

サーバ強いですし、送金手数料が無料なのがすごいですね。

送金手数料が無料なのはQUOINEXが負担してくれているからですねー。

まとめ

日本の仮想通貨取引所で登録しておいたほうがよいなと思うところ達でした。

取引所は複数開設しておいたほうが、リスク分散になってよいです。

高騰や暴落した時にアクセスできなくなる取引所があったりするので、

サーバーが強い取引ですぐに買い増ししたりできるようにしたりできます。

また、取引所がハッキング被害にあうかもしれないので、

複数の取引所を持っていたほうがよいですよね。

取引所の開設は無料でできるので、登録しておくは無難と思います。

bitFlyer(ビットフライヤー)
Quoinex(コインエクスチェンジ)
bitbank(ビットバンク)
Zaif(ザイフ)

 

 

 

よろしければクリックお願いいたします^^励みになります^^


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク