産後の肩こり解消方法5選!ひどいと頭痛、吐き気も。授乳中に湿布貼って大丈夫か?

こんにちは、@なるみです。

息子は生後4ヶ月になり体重が7kgになりました。重くなりました~でも首がすわったので抱っこもだいぶ楽になりました。息子は2.5kgで産まれてきて軽いほうでしたが肩こりがひどかったです。

最初って首が座ってなく抱っこするのに変な力がかかっていた気がします。また生後0ヵ月のころは授乳も多く、良く泣くので、抱っこする時間が長いですよね。なので、産後すぐからでも結構肩こりしてました。

しかも、肩こりがひどくなってくると、頭痛や吐き気がすることありますよね;△;あれはつらいですよね。気分がどんと重くなります。

そこで、肩こりの原因や対処方法をまとめました。

この記事では、

・産後の肩こりはなぜ?原因、理由は?

・肩こりで頭痛、吐き気はなぜ?原因、理由は?

・肩こりの解消法、対処方法は?

・肩の血行を良くする方法

 - 体操、ストレッチを行う

 - ウォーキングなどの運動を行う

 - 首、肩周辺を温める

 -コラントッテを付ける

 - 湿布を貼る  湿布の赤ちゃんへの影響は?

をまとめています。

スポンサーリンク

産後の肩こりはなぜ?原因、理由は?

肩で抱っこして筋肉が緊張して血行が悪化

産後は特に、肩で赤ちゃんを抱っこしており、肩の筋肉が緊張し続けて、血行が悪くなり、肩こりが起こります。

わたしは産後のエクササイズでヨガ、ビクス、ピラティスに通っています。(出産した病院で開催していくれていて、息子も連れていけるので嬉しいです)

で、そのエクササイズの先生たちから聞いた産後の肩こりのなぜ?」の答えでした。

産後は赤ちゃんを抱っこしていることがほとんどですよね。抱っこするときに、肩がすくんでいませんか?あれは肩で抱っこしているということのようです。

たしかに、言われてから気にするようにしたら、鏡に映る自分を見るといつも肩がすくんでる・・・。肩がすくまないようにすると、筋肉がほぐれる感じがします。

肩がすくまないようにすると、腕がつらくなります。腕の筋肉が少ないので自然と肩がすくんできてしまいます。

なるべく変に肩に力が入らないようにするといいのですが、なかなか難しいですよね。

スポンサーリンク

肩こりで頭痛、吐き気はなぜ?原因、理由は?

頭の血行が悪くなる

今度は肩こりがひどくなると、頭痛、吐き気がすることもありますよね。

これは、肩付近の血行が悪くなり、頭への血の流れも悪くなるからではと言われています。地の流れが悪くなると、頭に酸素が行かなくなります。

ぼーっともしますね。

たしかに、頭が痛くなるときはだいたい肩がこってる気がします。あと、偏頭痛おこる人は冷え性の人が多い気がしますね。

血行の良し悪しと頭痛は深く関係していそうです。

頭痛があまりにひどい場合はお医者さんに見てもらったほうが安心ですね。

スポンサーリンク

肩こりの解消法、対処方法は?

肩の筋肉を緊張させないこと

肩の筋肉を必要以上に緊張させないことが一番ですね。

しかし、毎日赤ちゃんを抱っこするので、なかなか難しいですよね。腕の力だけでも疲れしまいますもんね。

自分は肩がすくんでしまうのが癖になっているので、さらに難しいです。

肩がすくまないように意識は必要ですね。

ですが、肩こりがひどくなることもあると思います。

なので、肩こりがひどくなったときの対処方法も調べてみました!

肩の血行改善をすると良くなるので、肩の血行をよくする方法を紹介したいと思います。

肩の血行を良くする方法

体操、ストレッチを行う

肩甲骨付近をほぐすと良いです。

なので、以下のようなストレッチが良いです。

①両手を後ろで合わせて後ろに引っ張り肩甲骨を寄せるストレッチは効きます。

②首を傾け、傾けたほうと反対側の肩を下げると、下げた側の肩が伸びます。

(例:右に首を傾け、左の肩を落とすと、左の肩付近が伸びます)

どちらも呼吸をしっかり行います。吸って、吐いてをゆっくり行うことを意識して呼吸します。

また、体操は全身の血行をよくするものならなんでもいいと思います。自分はラジオ体操してます。意外と体がぽかぽかしてきてよいです。全身の血行をよくしてからストレッチを行うと効果的です。

ウォーキングなどの運動を行う

全身の血行がよくなると、肩付近の血行もよくなります。適度な運動をしつつ、肩周りのストレッチを行うと効果的ですね。

ただし赤ちゃんがいると逆に肩がこるかもですね。抱っこ紐をつかって歩くとしても肩こります。わたしはこってますね。

なかなか一人で歩けるときないのでこの対策は微妙かもですね。

首、肩周辺を温める

肩こりは血行が悪くなることが原因なので、温めて血行を良くしてあげます。

ぬらしたタオルをレンジで温めて、首、肩周辺を温めたり、お風呂で温まるなどがいいと思います。

ぬらしたタオルをレンジでチンは結構やってます。手軽で良いです。

コラントッテ(colantotte)をつける

有名なスポーツ選手がよくつけている「コラントッテ」、磁石で肩周りの結構をよくして、肩こりを改善してくれます。

スケートの宇野昌磨選手もつけてますよね。

わたしは最初5000円くらいのを買いましたが、最近になって1万円くらいのやつに格上げしました。肩こりが格上げされたので、それに伴って格上げしてみました。

効果は、あるような気がします。やっぱ磁気がいい感じです。いろいろなスポーツ選手がつけているだけありますよね。

コラントッテは20周年のようです。以外と長いんですね。

湿布を貼る

温感湿布が血行促進効果があるため、肩こりに効くと言われます。ピップエレキバンとかありますよね。

わたしもどうしてもつらいときは湿布やピップエレキバンをはってます。

ですが、授乳中に湿布を貼ることで何か影響がないか気になりますよね。シップからなにか養分がでて、体にしみこんで、母乳にでたりしないかな?とか。。。(たぶんでないですね)

湿布の赤ちゃんへの影響は?

概ね大丈夫だと思いますが、湿布をお母さんに貼ることで、母乳を通じて赤ちゃんに影響があるものあるようです。ものによるようです。むにゃむにゃでごめんなさい。

お医者さんや薬剤師などの専門家に聞いて使用したほうがよいですね。薬局でも話を聞いてくれてこれがいいですよ、とかおすすめしてくれたりしますしね。

自分は貼って過ごしてしまってましたが、大丈夫でした。毎日ではなかったですし、貼っていた湿布にもよるかもなので、自分の場合は、ということにさせてください。

スポンサーリンク

まとめ

できれば湿布とか使わずに肩周辺の血行をよくして、肩こりを改善できるといいですね!というかしたいです。

わたしはヨガ、ビクス、ピラティスなどの産後エクササイズに通うようになってから、肩こりが楽になりました。

産後エクササイズに通うようになってから、日々の姿勢を気にするようになって、姿勢が良くなりました。

抱っこするときも肩がすくまないように、と意識できるよになってから、肩こりがだいぶ良くなってきました。

日々の積み重ねで肩こりはひどくなってしまうと思うので、少しづつ治せるとよいですね。

頭痛や吐き気までしてしまう場合はお医者さんに診てもらえると安心ですね。湿布も赤ちゃんへ影響のないものを出してもらえるでしょうし^^

お母さんの体も万全ですと、家族にもいいオーラをあたえられて、いい雰囲気で生活できてきますよね。

日々、忙しいですが、体のメンテナンスもしながら、育児がんばりたいです。

 

 

 

よろしければクリックお願いいたします^^励みになります^^


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク