妊娠中,授乳中,産後に牡蠣は食べて良い?生牡蠣はあたる?食中毒の影響は?

三重県鳥羽市あたりにでかけたので、牡蠣を食べようということになったのですが、牡蠣って生だと食あたりしやすい、とかあるので、授乳中は食べて良いのか心配になりました。

調べた結果生ガキはやめて焼き牡蠣をおいしくいただいてきました。カキフライ、バター焼き、鍋にいれて食べる、など火を通していれば大丈夫。)

この記事では、

・妊娠中、授乳中、産後に生牡蠣を避けたほうが良い理由

・食中毒の妊娠中、母乳への影響は直接はない

・火を通した牡蠣を食べる理由

・授乳中、妊娠中に生牡蠣を食べたけど大丈夫か

・牡蠣にあたるとどうなるか

・牡蠣の栄養は?

・牡蠣の栄養からすると妊娠中、授乳中はベスト

・牡蠣の適切な摂取量は?

・牡蠣を食べすぎるとどうなる?

についてまとめています。

スポンサーリンク

妊娠中、授乳中、産後は生牡蠣は避けたほうが良い

牡蠣で食中毒になる可能性があるため

結論から言いますと、牡蠣は栄養的には牡蠣は食べてよい、食中毒になる可能性があるため生牡蠣は避けましょうといいます。

妊娠中、授乳中に生牡蠣は避けましょうの理由は、食中毒になる可能性があり、生活に支障をきたすからです。(通常の場合でもそうですが影響度が違いますという意味の様です!)

食中毒による妊娠への影響は直接はない

食中毒になると、妊娠中の場合は、胎児に直接は影響はないと言われていますが、妊娠中の栄養が必要な時期に食べれない、飲めない、になってしまう可能性があるため、間接的に良くないですね。

食中毒はお腹の中の子に影響はないと言われているようですが、食中毒になるとお母さんが栄養不足になったりで、間接的にお腹の中の子に影響するということです。

心配になって、精神的にもよくないですよね。妊婦の人も生牡蠣は避けたほうがよいですね!

食中毒による母乳への影響は直接はない

食中毒になると、母乳への影響は直接はないと言われていますが、授乳中の場合も、食中毒になると赤ちゃんへの授乳ができなくなったり、お世話にも支障がでますよね。

生牡蠣は食中毒のリスクが高く、妊娠中、授乳中は間接的に影響が出るため、避けましょうということです。

妊娠中や授乳期間中はリスクが高いことはなるべく避けましょうということです。自分でも色々心配になりますもんね~。

スポンサーリンク

火を通した牡蠣を食べる理由は?

牡蠣の食中毒予防に加熱

牡蠣による食中毒は主に加熱することで防げると言われています。

牡蠣による食中毒は、腸内ビブリオ、大腸菌、ノロウイルス、貝毒とありますが、貝毒以外はすべて加熱処理でウイルスが死滅します。

腸内ビブリオ  加熱処理70度以上1分で死滅

大腸菌     加熱処理75度以上1分で死滅

ノロウイルス  加熱処理85度以上1分で死滅

貝毒      加熱処理で無毒化できません

貝毒については、詳細は後ろの方でも書きますが、お店で購入したものは生産者によっても検査されているので、よほどのことがない限り大丈夫と言われています。

焼き牡蠣、カキフライ、牡蠣鍋、牡蠣のバター焼きなど

火を通した牡蠣の料理の例として、焼き牡蠣、牡蠣フライ、牡蠣鍋、牡蠣のバター焼きなどがあります。

このような牡蠣でしたら、食中毒にかかる可能性は減らせるはずです。

火を通す時間もウイルス死滅に関係するので、火を通す時間が短いとだめです。

85度以上1分

で火を通せば、3つのウイルス

腸内ビブリオ  加熱処理70度以上1分で死滅

大腸菌     加熱処理75度以上1分で死滅

ノロウイルス  加熱処理85度以上1分で死滅

は死滅するので 85度以上1分 が目安ですかね!

スポンサーリンク

授乳中、妊娠中に生牡蠣を食べたけど大丈夫?

食中毒になっていなければ大丈夫

妊娠中に生牡蠣を食べてしまった、授乳期間中に生牡蠣を食べてしまった、大丈夫かな?

と心配になりますよね!

ですが、食中毒になってなければ問題ないということです。

調べて分かったのは、妊婦さん、授乳中、産後ママが生牡蠣を食べないほうがいい理由は、食中毒になったことで、間接的に子供、赤ちゃんに影響があるので、生牡蠣を避けましょう!

ということだからです。

生牡蠣は食中毒のリスクが高いということですね!

栄養的には妊婦の方、産後ママにとても効果的なので、心配しなくても大丈夫ですね!

牡蠣にあたるとどうなる?食中毒の種類、症状は?

牡蠣による食中毒は以下の種類があります。

・腸炎ビブリオ

・大腸菌

・ノロウイルス

・貝毒

腸炎ビブリオ、大腸菌、ノロウイルスは加熱すれば死滅するため、

生牡蠣でなく加熱処理をした牡蠣を食べましょうということですね!!

腸炎ビブリオ

腸炎ビブリオは海中に生息する細菌です。海水の温度が20度以上になると増加する傾向にあり、夏場に付着していることが多いです。

腸内ビブリオは真水では生きられず、水道水などで洗浄すると死滅しますし、加熱処理(70度以上1分)でも死滅します。

潜伏期間は10時間~20時間で、症状としては、激しい腹痛、下痢、嘔吐、発熱です。

怖いですね。。。

大腸菌

腸炎を引き起こす菌です。人肌(37度)に近い温度で活発化します。

大腸菌は加熱処理(75度以上1分)で死滅します。

牡蠣は業者によって紫外線によって殺菌しているため、大腸菌による食中毒は減少しています。症状としては、激しい下痢、吐き気、嘔吐、腹痛です。

どの食中毒も似たような症状ですね。

ノロウイルス

感染性胃腸炎です。冬に流行りやすいです。良く聞きますね!

ノロウイルスは加熱処理(85度以上1分)で死滅します。

潜伏期間は24時間~84時間で、症状としては、吐き気、嘔吐、下痢です。

2次感染もあるので、ノロウイルスに感染した人の排泄物にさわらない、なるべく接触を避ける、手洗いをしっかりすることが大事です。

貝毒

有毒なプランクトンを食べた貝を食べることによって引き起こされる食中毒です。

貝毒だけは加熱処理で無毒化できません。

4月~5月に有害プランクトンが増えますが、その時に各県の水産担当が検査を行い安全性を発表しています。

お店で購入したものは生産者によっても検査されているので、よほどのことがない限り大丈夫と言われています。

スポンサーリンク

貝毒とは?4種類あります

貝毒は4種類あります。今回、牡蠣について調べて初めてしりました。いろいろな症状があって怖いです。

麻痺性貝毒

全身のしびれ、おう吐、頭痛、運動障害、呼吸障害、最悪は死に至るケースもあります。

下痢性貝毒

激しい下痢、おう吐、腹痛があります。

神経性貝毒

口内の灼熱感、紅潮、運動失調、などがあります。

記憶喪失性貝毒

脳細胞の異常興奮により海馬が破壊され、最悪は記憶喪失となり死に至るケースもあります。

貝毒おそろしいですね。。。

各都道府県の水産担当により調査されているので大丈夫と言われています。

管理されている牡蠣を食べることが大事です。

以前、テレビで中国系の人が、牡蠣を無許可でとって、食べてる?見たいな報道がされていました。このような人たちは危ないですね><

お店で売っているような牡蠣はちゃんと管理されているはずなので大丈夫と言われています。

牡蠣怖いなーってなりますが、牡蠣の栄養はとてもすごくて、妊娠中や授乳中はベストな栄養になっています。

牡蠣の栄養は?

牡蠣は海のミルクと呼ばれていて、低脂肪・高たんぱく、女性に嬉しい栄養素がたくさんです。妊娠中、授乳中にもよい栄養素なので、火を通して食べたいものです。

亜鉛含有量が全食品の中でトップ

全食品の中で亜鉛含有量がトップの牡蠣です。

亜鉛は新陳代謝を良くし、免役力を高めてくれます。タンパク質の合成や骨の発育に必要なミネラルです。

亜鉛の1日必要摂取量は15mgです。

牡蠣は100g中に13.2mgの亜鉛を含んでいます。

他食品で100g中の亜鉛含有量は、

豚肉レバー6.9g

牛肉肩4.9g

プロセスチーズ3.2g

なので、牡蠣は断トツトップですね!

鉄、銅、ミネラルが豊富

鉄、銅、ミネラルが豊富で貧血予防に効果的です。

鉄はヘモグロビンを作成、銅は酵素の活性を高めてヘモグロビン生成に寄与します。よって鉄分のみでは造血作用が効果的ではなく銅も一緒に接種できると良いです。

牡蠣は鉄も銅も豊富なので貧血予防にとても効果的と言えますね!

母乳は血液から作られますし、妊娠中も赤ちゃんのために血液が大量に必要となります。

なので、授乳中、妊娠中は特に大切な栄養素です。

タウリンが豊富

タウリンは疲労回復、肝機能の強化、強心作用、動脈硬化予防、血圧上昇の抑制、等の効果があります。

よく栄養ドリンクにタウリン入っていますよね。疲労回復のイメージですね。牡蠣はいろいろな栄養素が入っていますね。

グリコーゲンが豊富

グリコーゲンは体の中にエネルギーを一時的に保存しておくための物質です。血糖値を一定に保つ効果、疲労回復の効果があります。

スポンサーリンク

牡蠣の栄養からすると妊娠中、授乳中はベスト

このように栄養がすばらしい牡蠣です。とくに妊娠中、授乳中に必要な栄養が取れるのでぜひ摂取したいものですね。

この牡蠣を食べた日はなんか調子がよくなった気がします。産後って、赤ちゃんは夜通しで寝てくれなかったりと、寝不足になり体調が思わしくないですよね。牡蠣は効きました。

ただし、生牡蠣は避けて、火の通った焼き牡蠣にしましょう!

ちなみに、牡蠣の食べ放題あるけど食べすぎは大丈夫?

三重のパールロードに行くと、牡蠣の食べ放題が破格で行われています。

食べ放題でなくても、1粒100円とかで安いのですが、食べ放題90分2000円とか、2700円とかであります。

気持ち的には、「20粒以上は食べよう!!」

ってなりますよね!わたしはそうです。元を取りたいですからねw

ですが、20粒とか普段食べないですし、食べすぎかなーとも思ったりしますよね。

そこで、牡蠣の適切な摂取量について調べてみました!

牡蠣の適切な摂取量は5粒くらい

牡蠣は1粒16g~20gくらいです。三重のパールロード付近で食べると1粒20gはありそうです。5粒くらいでよさそうですね。

私が食べたところは1粒100円で食べれて、6粒食べてきました。食べすぎもよくないようで丁度よい感じでした。6粒600円って安すぎますよね!大満足です。

三重のパールロード万歳です。

食べ放題もありますが、食べすぎはあまりよくないかもですね。なんでも適量がよいですね!

食べすぎるとどうなる?

牡蠣を食べすぎると、亜鉛を過剰摂取することになります。

亜鉛の過剰摂取は、おう吐、下痢、腹痛、頭痛を引き起こす可能性があるそうです。

ほかにも影響あるかもですし、なんでもそうですが、食べすぎは注意です!

スポンサーリンク

まとめ

再度同じこと書いてしまいますが、生牡蠣はリスクが高いので、焼き牡蠣にしましょうという結論でした!※妊娠中、授乳中以外もそうなのですが、妊娠中、授乳期間中は特にってことですね。

焼き牡蠣でなくても、火を通していれば貝毒以外は防げるので、牡蠣鍋や牡蠣フライ、牡蠣のバター焼きなど、も良いですね!

もし、

妊娠中に生牡蠣を食べた、

授乳期間中に生牡蠣食べた、

となっても、

食中毒になってなければ問題ないですね!

栄養的には妊婦の方、産後ママにとても効果的ですしね。

もし食中毒になってしまったら、病院へいって処置をしてもらいましょう。

それにしても、妊娠中、授乳中はなにかと気になることが多いですよね。

これやっていいのかな?

これ食べていいのかな?

今までは、気にしていなかったことでも気になるようになります。

妊娠前はよくオイスターバーにいって、生牡蠣も平気で食べてました。

出産してからオイスターバーもいかなくなりましたねぇ。

なんでも制限しているとストレスにもなってしまいますよね><

やめておいたほうが良いものは、やめておくべきですが、

調べて大丈夫なら適度にやってく感じにしています。

色々ストレス発散しながら、妊娠、子育てを楽しんでいきましょう^^

合わせて読みたいおすすめ記事です。
産後の肩こりで頭痛、吐き気も。湿布貼って大丈夫?解消法は?
出産後入院中は多忙、お菓子食べれず。おなら増加、原因、対処方法は?

 

 

 

よろしければクリックお願いいたします^^励みになります^^


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク