生後4ヶ月赤ちゃんとママの1日の過ごし方。外出良くしてました。

@なるみです。

生後3、4ヶ月ころ、1日をどうやって過ごしたら良いかよく考えていました。そして、いろいろコレやっておいてよかったなーというものがありました。

この記事では、

・まず生後4ヶ月頃の赤ちゃんはどんな感じか

・生後4ヶ月頃のママの一日の過ごし方

をまとめてみました。

スポンサーリンク

生後4ヶ月頃の赤ちゃんはどんな感じ?

夜まとまって寝るようになってきます

生後4ヶ月の赤ちゃんはだんだんと夜にまとまって眠るようになってきます。

生まれたばかりのときは昼夜の区別はなく、2、3時間ごとに目を覚ましてました。ミルクが欲しかったり、おむつが濡れて気持ち悪いなどを伝えるために、泣くといいますね。

泣いているときはほとんどおっぱいがほしいことが多かったかなーと思います。

新生児のころはミルクを飲んだらすぐに眠ってましたよね。気づけば1日中ずっと眠っている感じでした。生後4ヶ月くらいになるとだんだんと昼と夜の区別がつくようになってきて、夜にまとまって眠ってくれるようになることが多いです。

生後4ヶ月くらいの赤ちゃんの1日の睡眠時間の平均は約14時間です。個人差があるのでこれより長かったり、短かったりすると思います。

夜まとまって寝るようになったも、日中にお昼寝も必要です。少し夜眠る時間が長くなったかなーという感じで、その分昼間の睡眠が少なくなったような印象があります。

ただ、このような傾向も一般的なもので、その赤ちゃんによって睡眠時間には個人差があります。

そのため、生後4か月くらいでも夜中によく目を覚ましてしまう子ももいます。

ですが、多くの方は新生児のころに比べて、睡眠時間が短くなると思います。

そして自分も育児になれてくるので、ママの時間も少しづつ取れるようになってくるかなぁという感じでした。

スポンサーリンク

生後4ヶ月頃のママの一日の過ごし方

赤ちゃんのお世話や家事をしつつ・・・

新生児のころに比べると、睡眠時間は短くなりますが、お世話する時間が短くなり、またお世話にもなれてくるので、ママ自身の時間が取れるようになってくるのかなぁと思います。自分がそうでした。

赤ちゃんもお腹から出てきて、外の世界に慣れてくるころです。

赤ちゃんのお世話、家事で一日があっとゆうまだと思いますが、その中でも違うことできると、リフレッシュになってよいかなと思います。

自分がやっていてよかったことは、

・赤ちゃん連れOKのジムやサークルに通うこと

・赤ちゃんと一緒に散歩する

です。

あと定期的ではないですが、

・離乳食について調べる

・ハーフバースデーについて調べる

もやっておいてよかったと思いました。

赤ちゃん連れOKのジムなどサークルに通う

わたしの場合は、出産した病院が産後ママのための運動ができる教室を準備してくれていたので、病院の教室に通っていました。

赤ちゃん連れOKで、

・ヨガ

・エアロビクス

・抱っこビクス

・ピラティス

・ベビーマッサージ

を開催してくれていました。

産後ママの体のメンテナスを考えたレッスンです。骨盤ゆるんでたり、筋肉が減ってたりするので、とても助かる教室でした。

あとは、赤ちゃんとのコミュニケーションが取れる、ベビーマッサージもやってくれてました。これもとてもよかったです。

どれもわたしは気に入って、全部通ってました。

教室があると、その教室に行こうと生活するので、とてもメリハリがつきました。

外に出る用事を作っておくと、てきぱき行動しようと思うので、家事もさらっと終わって、そして外にでるだけでもリフレッシュになって、すごくよかったです。

育休中はこのような教室にいろいろ通おうと思ってます。

赤ちゃんと一緒にお散歩

赤ちゃんも外の世界になれてきていると思うので、一緒に散歩すると、赤ちゃんに刺激になって良いです。

ママも気分転換になるかなと思います。

冬のお散歩は日が出て一番暖かい14時くらいがよいですね。

夏の暑いときは、朝早くか夕方にいくと涼しめで良いです。ですが、今年の夏はとてもあつくて、朝も夕方もお散歩に行けなかったです。

そういうときはショッピングモールで散歩してました。ペットショップコーナーにいって、「わんわん、かわいいねー」「にゃーにゃーだよー」とか言ってリフレッシュしてました。

ショッピングモールはついでに食料品の買い物もできるので良いですね。授乳室もありますし、お出かけにぴったりです。

こどもが生まれてから、ショッピングモールにとてもお世話になってます。冬も寒すぎるときはショッピングモールが便利ですね。

離乳食について調べてみる

生後5ヶ月から離乳食が始まるので、離乳食をどんな風にやるか調べてみると良いと思います。わたしも生後4ヶ月のころに離乳食をどうやって始めるかをはじめて知りました。

育児本に買いてあるので育児本を読んだり、市の講義があったのでそれに参加したり、ネットで調べたりしてました。

初めは、10倍がゆからで、1週間くらいは10倍がゆだけだったとおもいます。

その後、野菜のペーストも追加して、最後にタンパク質でした。最初のころはなんでも液体のような感じしてあげてました。

野菜はほとんどかぼちゃばかりでした。タンパク質はとうふをよく食べてくれてました。

なかなか食べてくれない子もいれば、なんでも食べてくれる子もいたりで、これも個性がある感じですね。

そんな感じの離乳食について予習しておくのも良いかなーと思います。(離乳食始める時期も人それぞれでした。生後7ヶ月くらいから始める人もいました。)

ハーフバースデーについて考えてみる

生後4ヶ月、意外とすぐにハーフバースデーがやってきます。

産まれてからの1ヵ月ってとても成長が早いですよね。寝がえりしたり、よく笑うようになったり、生まれてからを考えると成長の早さにびっくりします。

なので、半年たってのハーフバースデーについても、どんな感じで成長記録を残すか、とか、お祝いのご飯を作るか、とか考えておくと良かったなと思いました。

自分はおうちで写真を撮っただけで終わりました。

こんな感じです。

寝相アートのかんたん版です。

もっと凝った、寝相アートしている人たくさんいました。ネットで調べるととても上手な寝相アートがたくさんでてきます。

100均とかでもかわいいグッズがあるので、準備したらよかったなーと思いました。

わたしはハーフバースデー当日になって「今日、ちょうど6ヶ月だ!」って気づいて、家にあるもので写真を撮って終わることになりました。おむつで1/2を表現するだけ。。。しかたなしですね。

あとは、写真屋さんで撮ってもらうのよいですよね。とてもかわいくとってもらえるので良いですよね。

あと、離乳食ケーキを作っている人もよくいます。食パン、ヨーグルトで作ったよって聞きました。これも調べると作り方がいっぱいでてきました。

一度しかないハーフバースデーなので、もっと凝ってもよかったなーと思いました。成長もあっとゆうまですしね。

スポンサーリンク

まとめ

生後4ヶ月になると赤ちゃんの睡眠時間が短くなりますが、ママもお世話になれてきて、生まれたときよりも少しママの時間もできてくるころかなーって感じでした。

人それぞれなので、生まれたころとあまり変わらないよーって人もいると思います。

そんな中でもリフレッシュしたいですよね。

自分の場合は、サークルなどのジムに通ったり、散歩したりで、とても気分転換になりました。育児、家事以外のことを生活に取り入れると、メリハリがつきますし、リフレッシュにもなってよかったです。

適度にリフレッシュすることで、いい感じに育児、家事をしていきたいですね。

 

 

 

よろしければクリックお願いいたします^^励みになります^^


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク