CryptoBridgeステーキングとは?やり方。BCO購入方法。BTC送金方法。

こんばんは、@なるみです。

CryptoBridgeはアフィリエイトはありませんが、

ステーキングがあります。

今回はCryptoBridgeでのステーキングのやり方についてまとめてみます!

スポンサーリンク

CryptoBridgeはアフィリエイトはありません

CryptoBridgeは分散型取引所(DEX)なのでアフィリエイトはありません。

かわりに?ではないですが、ステーキングというものがあります。

スポンサーリンク

ステーキング(staking)とは

仮想通貨の保有量に応じて報酬がもらえる

ステーキング(staking)とは仮想通貨保有量に応じて報酬がもらえるものです。

proof of stake(PoS)のstakeからきていると思います。

不労所得みたいな感じで嬉しいですよね!設定しておくだけです。

なるみ
わたしは最初「肉」のステーキかと思ったよ・・・

CryptoBridgeではBridgeCoin(BCO)を保有していると、

CryptoBridgeから取引収益の50%を得る資格がもらえます。錬金術ですね~。

ステーキング期間に応じて報酬のボーナスが変わる

ステーキング期間に応じて報酬のボーナス料金も変わります。

期間は1ヶ月~12ヶ月が選べます。

ステーキング期間に対するボーナスは、

1ヶ月 0%ボーナス

3ヶ月 20%ボーナス

6ヶ月 50%ボーナス

12ヵ月 100%ボーナス

わたしは、12ヵ月(1年)にしました!

沢山ボーナスほしくてw

ステーキング期間中は通貨が引き出せない

ステーキングで注意なのが、

ステーキング期間はコインがロックされます。

なので、損切したいよーとか、途中でステーキング辞めたいよー

ってなってもできないので注意です!

ステーキング報酬支払いは隔週

報酬の支払いは隔週です。

結構、頻繁にもらえますね!

今CryptoBridgeの取り扱い通貨量もとても増えているので、すごいもらえてますw

ステーキングには手数料がかかる

現在(17年1月2日時点)、

新しくステーキングするための手数料12.139674 BCOです。

1BCOが0.0006BTCで1BTC160万円くらいなので、約1万円くらいですね。

ちょいと高いですね!

今、BCOが高騰してきているのもありますね!

スポンサーリンク

BCO(BridgeCoin)チャート

現在(17年1月2日時点)でのBCOのチャートですが、

1BCOが0.0006BTCですが、

1週間前は1BCOが0.0001BTCでした。6倍になってます。

ステーキングで報酬もらえるので価格が上がっているのではと思います。

crypto-bridge.org/market/BRIDGE.BCO_BRIDGE.BTC より

ステーキングのやり方、設定方法

ステーキングのやり方をざっというと、

BCOを購入する@CryptoBridge

CryptoBridgeでステーキングの設定

だけです^^簡単ですね!

CryptoBridgeへ登録

まずは、CryptoBridgeに登録ですね!

BCO(BridgeCoin)の購入

他取引所からBTC(またはMONA、ZNY)を送金する

BCOはBTC、MONA、ZNYで購入できます。

なので、他取引所からCryptoBridgeへBTC、MONA、ZNYを送金します。

今回は、bitflyerからCryptoBridgeへBTCを送金する方法を記載します。

bitflyerからCryptoBridgeへBTCを送金する方法

CryptoBridgeでBTCのアドレスを入手します。

下記のように右下の「入金指示」ってとこにアドレスが出てくるのでコピーします。

(青く塗りつぶしてるとこです。)

bitflyerで「入出金」へ行き、

CryptoBridgeで出したアドレスを下記図の「送付先アドレス」の部分へ入力します。

「ラベル」は自分がわかるように入力します。わたしはCryptoBridgeにしました。

入力が終わりましたら、一番下の「ビットコインを外部アドレスへ送付する」

を押して完了です。

BTCよりMONA送金のほうがおすすめです

BTCの送金が遅かたです。

bitFlyerから送金手続きをしてもうすぐ24時間がたとうとしています。

BTC送金詰まり問題ですね。。。

ZaifからMONAを送金しましたら結構すぐ送金できた記憶です。

上記記事で、

ZaifからMONAを送金している方法を記載してますので、

よかったらご参考にしてください。

BCO(BridgeCoin)をBTCで購入

トップマーケットにて、BCO:BTCをクリックします。

すると下記画面になるので、ほしいぶんのBCOを購入します。

購入はこれで完了です!

CryptoBridgeでステーキングの設定

CryptoBridgeでステーキングの設定ですが、

「アカウント」を押すと下記が出てくるので、

「BridgeCoinステーキング」をクリックします。

すると下記画面がでてくるので、ステーキングするBCO数を入力します。

手数料込みの値段なので、12.139674 BCO以上の値を入力する必要があります。

下記図では隠れてますが「新しいBCOステーキングを作成する」をクリックして完了です。

ステーキング設定で最終的に下記画面が出てきたので「確認」を押して完了しました。

ステーキングの手数料について

この時には手数料が7.89BCOになってました。

1BCOが0.0006BTCで1BTC160万円くらいなので、7500円くらいですね。

ステーキング設定したあと0BCOになってました。

BCOを持っている量とか、ステーキング設定した後で手数料がかわるようですね!

スポンサーリンク

まとめ

仮想通貨は錬金術がいろいろありますね!

知っているのと知らないのでは世界が変わりますね。

ただし、開拓していく感じでもありリスクもありますので

1つのものにつっこみすぎず、分散投資ですかね。

わたしもいろいろ分散してます。

ですが、今日衝撃の考え方もあって、

「リスクをとって投資する」てのもありだなと思いました。

ただし、リスクとりすぎるのもいけないと思うのでほどほどですが。。。

なんでもバランスですね!

また、ステーキングで報酬もらえましたら、

結果を追記していきます^^

ステーキング結果

ステーキングの結果1回目(18年1月8日追記)

第一回目の結果です。

22種類のコインが付与されていました。合計5.14BTS

1BTSが90円でしたので、450円^^

1BTSは今日、急に上がってるので、結果が良く見えてますね。

coingecko.com/bitshares/jpy より。

なにもせず隔週で450円もらえるならうれしいですね!

でも、毎回もらえる量は決まってなくて、CryptoBridgeでの取引量によるので、

今後もっと上がっていくのかな?と思ったりもします^^

自分の場合は35000円分のBCOを購入して1回目のステーキング結果です。

1年ステーキングするように設定しています。

成果の結果はタイミング次第な気がしますね!

あと、ステーキングによってもらえる通貨がたくさん(今回は22種類w)

あるので管理が大変そうです。。

CryptoBridge取り扱い通貨が追加(18年1月8日追記)

今日、2018年1月8日にCryptoBridgeみてみると、

取り扱い通貨が増えてました!

XFT、WSP、KLK、HTML、IC、XSH、VTC、、、

知らないのばかりです。

勉強してまとめてみますね!

あ、てことはまたステーキングでもらえる通貨が増えるということですね。。。

嬉しいですが、管理が大変そうですねw

1年はステーキング設定が解除されない(できない)ので、

通貨種類めちゃふえそうですねw

ステーキング結果2回目以降

ステーキングの2回目以降もまとめていきます!

 

 

 

よろしければクリックお願いいたします^^励みになります^^


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク