ビットトレードとビットバンクの違いは?BitTradeの特徴,手数料,入金方法,登録方法

@なるみです。

一時期に比べ仮想通貨の動きや投資する人の熱が下がってきてますかね><。

2018年1月の暴落、

コインチェックのNEM(ネム)ハッキング(不正引き出し)問題、

などありネガティブな感じなってますよね。

そんなときこそ、

仮想通貨のはじめ時かなと思います!

下落しているときが買い時、はじめ時かなぁと思います。

(リーマンショックのときとか株なにか買っとけばよかったと思ってます)

また、コインチェックに代わる仮想通貨取引所ないかなぁと思ったり。

日本の取引所ではZaif(ザイフ)、bitFlyer(ビットフライヤー)が有名ですが、

リップル(XRP)は購入できませんもんね。

(コインチェックではリップル買えましたが、今は・・・)

また、ザイフやビットフライヤーは利用者も多く、

取引所が使えるまでに時間もかかります。本人確認に時間がかかっているようです。

また、アクセス集中するとサーバーダウン(鯖落ち)してしまうことも

しばしばありますもんね!

そんなこんなで、

bitbank(ビットバンク)に似た、

BitTrade(ビットトレード)という仮想通貨取引を見つけましたので、

ビットトレードさんについてまとめてみたいと思います。

なるみ
ビットトレードさんてあまり聞かないけどどんなとこかなぁ?
ビットバンクととても似てるんだよね~

スポンサーリンク

ビットトレードとビットバンクの違いは?

BitTrade(ビットトレード)とBitbank(ビットバンク)よく似ているとい言われますよね!

BitTrade(ビットトレード)とBitbank(ビットバンク)の大きな違いは、

今は「取引手数料」だと思います。

現在、ビットバンクさんは取引手数料無料にしているので、

そこが大きいですね!

ただし、ビットバンクさんは期間限定キャンペーンで取引手数料を無料にされているので、

今後は取引手数料がかかってくると思います。

現在、はビットバンクさんと比べると、あまり違いがなく、

手数料の面で不利ですが、

話題になる前に登録をしておくのはよいのかなぁと思います。

話題になっていない時代ってどんなものにもあるので、

もしかしたら今後ビットトレードがなにか作戦練って、

とてもどーんとでてくるかもですしね!

なるみ
現状は違いがあまり無いってことは、たぶん今後何か対策される気がしますよね

スポンサーリンク

ビットトレードに登録する意味はあるの?

自分としては、

ビットトレードに登録する「意味ある」と思います!

ビットトレードとビットバンクは似ていていて、

今は「取引手数料」だけ!

しかもビットバンクのがお得・・・

ビットトレードに登録する意味があるのかな?ってなりますよね。

ビットトバンクとほとんど同じなのに、

しかも今はビットバンクに手数料的には負けているのに、

ビットトレードに登録する「意味がある」のは、

なんでかっていうと、

人と違うことをしておくといいことありそう

だからですw

そのうち、ビットバンクも手数料かかってきますし、

マイナーな時にこそ登録しておいたほうが、

のちのち有名になったときに、

登録に1ヶ月かかる・・・・

とかなりかねませんしね><

あのとき登録しておけばよかった~ってなるかもなんですよね。

ビットトレードはマイナーな仮想通貨取引所ですが、

とても使いやすく、安全なところなところってのも分かりました。

なのであまり知られていないうちが

ビットトレードの登録チャンスかなと思います。

なるみ
ありですね~。しかしビットトレードどんなところだろう?

スポンサーリンク

BitTrade(ビットトレード)とは

BitTrade(ビットトレード)は、

2016年9月からビットトレード株式会社によって運営されている

日本の仮想通貨取引所です。

ロバート・ルーク・コリックという外国人の方が会長を務めています。

BitTrade(ビットトレード)は、2018年3月時点では

あまり有名仮想通貨な取引所ではありませんが、

「仮想通貨交換業者」にしっかりと登録が完了しており安心です。

bitbank(ビットバンク)と取り扱い手数料や取引画面が似ていて使いやすいです。

イメージキャクターは小島瑠璃子さんですね。

「こじるり」さんってことですか!

なるみ
お、あの「こじるり」さんかぁ!

出川組とかローラ組、剛力組のように、

「こじるり組」や「小島組」と呼ばれる日がきますかね!

TVのCMやるようになるとそうなるかもですね!

ビットトレード基本情報

運営会社    ビットトレード株式会社

代表者     閏間 亮

資本金     1億1百万円(準備金を含む)(2018年3月時点)

設立      2016年9月12日

取り扱い通貨  BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、

ETH(イーサリアム)、LTC(ライトコイン)、

XRP(リップル)、MONA(モナコイン)

セキュリティ  2段階認証ログイン、コールドウォレット、マルチシグ対応

現物取引手数料 0.2%(BTC/JPY) https://bittrade.co.jp/docs/fees

レバレッジ取引 なし

信用取引    なし

先物取引    なし

入金方法    銀行振込

出金手数料   日本円出金:648円 ビットコイン出金:0.0005BTC

スマホアプリ  なし(ビットバンクもなし)

なるみ
現物取引のみでシンプルですね!
取り扱い通貨やUIはビットバンクと同じ感じだね~

仮想通貨取引所 金融庁 登録、認可が下りている

ビットトレードは金融庁へ登録完了しております。17年9月29日に発表されています。

仮想通貨交換業者登録一覧

金融庁 2017年12月1日

参考記事はこちら

セキュリティもしっかりしてますし、

取り扱い通貨も日本取引所の中ではそここそこありますよね!

少し手数料がかかりますが、他取引所はキャンペーン中とかで安いので、

このくらいが普通なのかなと思います。

短期トレードする際は注意が必要ですね!

なるみ
しっかりしてそう!

ビットトレード 取扱通貨

基本情報でも記載しましたが、

ビットトレードの取り扱い通貨は6種類です。(2018年3月時点)

BTC(ビットコイン)
BCH(ビットコインキャッシュ)
ETH(イーサリアム)
LTC(ライトコイン)
XRP(リップル)
MONA(モナーコイン)

Bitbank(ビットバンク)と同じですね!

UI(ユーザインターフェイス)もビットバンクと似てますしね。

なんかお友達?みたいな感じなんですかね!

手数料も通常価格は同じですしね。

取引画面などBitbank(ビットバンク)ほぼ同じです。

Bitbankのシステムを利用しているからと言われていますね。

なるみ
リップルが取引所で買えるのいいですね!

スポンサーリンク

BitTrade(ビットトレード)の特徴

・仮想通貨交換業者に登録済み(17年9月)

・コールドウォレット、マルチシグによる最高水準のセキュリティ対策

・LINEでの問い合わせサポートに対応

・アルトコインも全て取引所として売買出来る

・テクニカル指標が100種類使用できる

・Bitbank(ビットバンク)と同じシステムを使用している

セキュリティはすべての通貨をコールドウォレット保管しているということで

安心ですし、仮想通貨交換業者に登録済みですし、安心ですね。

特徴はBitbankと兄弟みたいなところです。

なるみ
ほんとビットバンクそっくり!

BitTrade(ビットトレード)のメリット

アルトコインが取引所で売買できる

例えばbitFlyerはアルトコインが販売所での取り扱いですが、

BitTradeは取引所での取り扱いなので、手数料が安く済みます。

Bitbankも同じく取引所での取り扱いをしています。

現在(18年3月時点)、ビットバンクは取引手数料のキャンペーン中なので、強いですね。

使いやすい!

UI(ユーザインタフェース)がとても見やすく、使いやすいです!

テクニカル指標も豊富で評判があります。

100種類あるようですが、自分は使いこなせていないです><

なるみ
チャート見やすいよー

BitTrade(ビットトレード)のデメリット

取引量が少ない

取引量が少ないので、なかなか売買が成立しない可能性があります。

今後、ビットトレードが広まってこれば、このデメリットは解決されますが、

どうなるでしょうか。

ビットトレードはなにか他社(特にビットバンク)に比べて違う点、

ユニークな点を打ち出さないと

現状はむずかしいのかな?と思います。

ビットバンクとのすみわけがしにくい

上でも書きましたが、ビットバンクとほとんど同じで、

今違うのはビットトレードは「取引手数料がかかる」ということです。

そのうち、Bitbankもキャンペーンやめたら取引手数料がかかってくると思いますが、

そこがどうなるかですね!

またビットトレードもなにか戦略を打ち出してくるかもですし、

今後に期待ですね!

なるみ
ビットトレードの今後が楽しみ!

BitTrade(ビットトレード)手数料

売買手数料

日本の他の取引所と比べると手数料が高めに感じるかもですね。

他の取引所はキャンペーン中で安くなっているので、本来このくらいなのだと思います。

メイカー テイカ―
BTC/JPY 0.2% 0.2%
XRP/JPY 0.25% 0.45%
LTC/BTC 0.30% 0.70%
ETH/BTC 0.20% 0.25%
MONA/JPY 0.30% 0.70%
MONA/BTC 0.30% 0.70%
BCH/JPY 0.30% 0.70%
BCH/BTC 0.30% 0.70%

※メイカー:注文が取引板(気配値)に並ぶことにより、
結果として市場の流動性を作る取引のことをmaker「作る人」と呼びます。

※テイカー:注文が取引板(気配値)に並んだ既存の注文で約定することにより、
結果として市場から流動性を取り除く取引のことをtaker「取る人」と呼びます。

※手数料が変更されているかもしれないので、
最新情報は https://bittrade.co.jp/docs/fees をご参照お願いします。

入金手数料

銀行からの円の入金手数料 : お客様負担
(だいたい500円、600円位でしょうか。銀行や入金額によって違います。)

仮想通貨の入金手数料   : 無料

他の取引所と変わらないですね!

基本、仮想通貨の入金で手数料がかかるのは聞いたことないです。

出金手数料

日本の他の取引所とだいたい同じです。変わらないですね。

銀行出金手数料 648円
BTC引出手数料 0.001 BTC
XRP引出手数料 0.15 XRP
LTC引出手数料 0.001 LTC
ETH引出手数料 0.005 ETH
MONA引出手数料 0.001 MONA
BCH引出手数料 0.001 BCC

仮想通貨の送付(出金)は、マイナーに対する報酬です。

取引所BitTradeへの手数料ではないです。

海外の取引所は、たまにもっと手数料とるところあります。

また、取引所によっては出金手数料が無料のところありますが珍しいですね。

出金手数料が無料のところは取引所が負担しています。

その他の手数料

口座開設費用 無料
口座維持費用 無料

この手数料も他の取引所と変わらないですね!

※全ての手数料において、
最新情報は https://bittrade.co.jp/docs/fees をご参照お願いします

スポンサーリンク

ビットトレード(BitTrade)の入金について

ビットトレードは銀行振込のみ

ビットトレードへの入金方法は、銀行振込のみです。

銀行のATM、インターネットバンクから日本円の入金を行います。

コンビニ入金、クイック入金、クレジットカードに対応していませんが、

だいたいの場合、その入金方法は手数料が割高になります。

銀行振込のほうが入金手数料が抑えらえるので、

基本、銀行振込しか使わないので良いと思います。

ただし、営業時間外に振込をした場合、

反映までに時間がかかるというデメリットもあります。

入金の手数料

手数料のとっころでもまとめましたが、

銀行への振込手数料だけがかかります。

振込手数料はだいたい500円、600円位でしょうか。

銀行や入金額によって変わるので一概にいえません。

住信SBIネット銀行からの振込は手数料が無料

「住信SBIネット銀行」から振込を行えば、手数料が無料になります。

よく、仮想通貨されてるみなさんが「住信SBIネット銀行」をおすすめされているのは

これが理由です。

手数料無料は大きいですよね!

自分の場合、銀行から10万円を振り込む毎に432円とかかけてました。

10回振り込んだら、4320円です!

悲しいですよね><。

それが「住信SBIネット銀行」を使えば無料なので、

大変お得と思います。

住信SBIネット銀行なら、回数制限はありますが、

どの金融機関へ振り込んでも手数料無料です。

住信SBIネット銀行からならいつでも振込可能

しかも、金額や時間によって手数料は変わらずなのです。なんと新設な銀行!

一般的な銀行の営業時間は「月~金曜日(平日) 9:00~15:00」が多いですよね。

「入金可能な曜日・時間」も同じだと思うのですが、

「入金可能な曜日・時間」以外に入金の手続きを行った場合、

入金処理が行われるのは翌営業時間になります。

なので、例えば金曜日の19:00に振込の手続きをしても、

入金処理が行われるのは、月曜日の9:00以降になります。

すぐに仮想通貨取引開始したい!となってもできないのです><

わたしはよくこれで悲しい思いをしました。

仮想通貨の価格が下がっていて、買い増ししよう!と思って入金しても、

その日は入金完了せず、次の日に入金処理が完了して、

次の日には仮想通貨の価格が上がっていて、損した気分になるってやつですね><

住信SBIネット銀行は24時間365日入金対応が可能なので、

夜間でも土日でも素早く入金できます。

これはかなり大きいです!

ただし、ビットトレード側の確認作業は翌営業日です。

夜間の振込であれば翌朝以降、土日祝の振込であれば休み明けに入金反映されます。

注意が必要ですね!

SBIバーチャルカレンシーズが仮想通貨取引サービスを開始する予定

近々(18年2月末の予定でしたが延期されました)、

SBIバーチャルカレンシーズが仮想通貨取引サービスを開始する予定なので、

「住信SBIネット銀行」は開設しておくと良いと思います。

SBIバーチャルカレンシーの仮想通貨取引所は、

「住信SBIネット銀行」との連携のみと聞いたことがあります。

SBIバーチャルカレンシーかなり期待されているので、おすすめです。

なるみ
SBIネット銀行すご!さいきん登録しました。
SBIバーチャルカレンシーのサービス開始が楽しみ♪

ビットトレードの登録方法

新規会員登録(メールアドレス登録)

公式ページ「ビットトレード」から新規会員登録の手続きを行っていきます。

メールアドレスを入力し、「会員登録」ボタンを押します。

メールが届き、認証用URLをクリック、パスワードを設定

メールが届くので、認証用URLをクリックします。

するとビットトレードの新規登録画面にいきます。

パスワードを設定します。

そして、基本情報の登録

基本情報の登録では、名前や生年月日、住所などの情報を入力します。

BitTrade(ビットトレード)で入出金などの操作を行うには、

登録者の基本情報登録が必要です。

登録された基本情報は、入出金口座の名義、

本人確認書類の名義と同じ必要があるので注意が必要です。

本人確認書類のアップロードを行う

本人確認書類として利用できるのは、次の書類です。(下記のうちいずれか1点の画像)

・運転免許証
・パスポート
・住民基本台帳カード
・在留カード

他の取引所とだいたい同じですね!

アップロード後は待ちです

本人確認書類をアップロードしたら、あとは待つだけです。

ハガキがくるまで待ちましょう!

ZaifやbitFlyerなどの利用者が多い取引所に比べて、ハガキの到着は早かったです。

スポンサーリンク

まとめ

調べると、

ビットトレードとビットバンクの違いが、

今は「手数料」だけかなって感じになりましたw

そして、ビットトレードはマイナーな仮想通貨取引所ですが、

とても使いやすく、安全なところなのも分かりました。

今は、Bitbankに手数料が負けてしまっているので、

あまり話題に挙がってこないかもですが、

今後、Bitbankが手数料を上げてきたときにどうなるか、ですね。

またはビットトレードもなにか打ち出してくるかもですし、

ビットトレードの今後に期待しています。

話題にあまり上がってこない、

今がビットトレードの登録チャンスかなと思います。

話題になってしまうと、登録に1ヶ月かかるとかってことになりかねないですしね!

実際、bitFlyerやZaif、コインチェックさんは2017年12月ころは

登録に1ヶ月以上かかってましたしね><

そんなこんなですが、

ビットトレードはいいところだと思いました。

登録してみるのは無料なので、この機会に。

なるみ
登録も10分とかでできたよ~

 

 

 

よろしければクリックお願いいたします^^励みになります^^


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク