赤ちゃんの適切な睡眠時間@月齢別まとめ!うちの子は短い?長い?

@なるみです。

まず、赤ちゃんの適切な?一般的な睡眠時間@月齢別の一覧表です。

生後0~1ヵ月 生後2~3ヶ月 生後4~6ヶ月 生後7~11ヶ月 1歳
睡眠時間 16~18時間 15~17時間 14時間 13~14時間 13時間

新生児のころはほとんど寝てましたよね。思い出してきました。そして、少しずつ短くなってきますね。お昼寝の時間も減ってきますし、こんな感じなんだーってと思いました。

月齢ごとの睡眠時間の傾向はありますが、この表のとおりでなくても睡眠時間にも個性があるといわれているので問題ないと思います。し、問題ないと言われています。

この記事では、睡眠時間のほかに、赤ちゃんの睡眠について知っておいてよかったこと、寝かせるときのコツをまとめました。

スポンサーリンク

月齢ごとの睡眠時間のおおよその傾向

新生児期(生後1ヶ月まで)の睡眠時間

2、3時間毎に起きて授乳することが多く、一日の総睡眠時間は16~18時間と言われています。授乳の時以外はほとんど寝てますよね。

息子の場合、14時間くらいの日が結構ありましたが、すくすく育っています。

短くても大丈夫ってことですね。個性があるので人それぞれってことですね。

生後2ヶ月~3ヶ月の睡眠時間

総睡眠時間は15~17時間と言われています。

このころから昼と夜が区別ついてきているような睡眠リズムになります。確かに、息子もそんな感じでした。

ですが、生後2ヶ月頃に昼と夜が逆転するパターンもあるようです。

人の体内時計が24.2時間~245時間だそうで、地球の自転の24時間に適応できていないためと考えられているそうです。

生後4ヶ月~6ヶ月の睡眠時間

1日の総睡眠時間は14時間程度と言われています。

このころは夜の睡眠時間が長くなり、昼は活動する時間が増えます

この時期は、一生を通した一日の生活リズムが形成される大事な時期のようです。

いつでも大事な時期だとは思いますが、この時期はとくに早寝、早起きで生活リズムが崩れないようにしたいですね。

1歳~5歳の睡眠時間

1日の総睡眠時間は、

1歳は13時間

2歳は12時間

3歳~5歳は11時間

と言われます。

すこしづつ大人に近づいていきますね。お昼寝も1回とかになってきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんはなぜすぐ起きてしまうのか

赤ちゃんはレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返す間隔が短いため、すぐに起きてしまうそうです。

レム睡眠は「脳みそはある程度活動していて、体は休んでいる状態」

ノンレム睡眠は「脳みそは休んでいて、体は少し活動している状態」

レム睡眠とノンレム睡眠の間隔が、

大人の場合は80分~100分

新生児の場合は40分~50分

らしいです。

大人に比べて眠りが浅い状態が頻繁にあるため、すぐに起きてしまいやすいです。

ですが、成長につれてどんどん大人に近づいていくので、いつかは短い授乳間隔も長くなります。生後0ヵ月や1ヶ月のころは永遠に続く感じがしてました。が、やっぱり終わるもんですね。

このことを知っておくと少し気が楽になるかもです。

わかっているようで、そのときは一点集中しているので気づかないものですよね。自分はハっとしました。

スポンサーリンク

赤ちゃんが夜長く寝てくれるコツ

新生児のころはとくに、夜は4時間くらい泣いて寝ないときとかありますよね><

授乳しても、おむつを替えても、だっこしても、泣き止まず。

ですが、

「朝日を浴びる」「夜は暗くする」「散歩する」

「お風呂入れる時間を毎日同じにする」

を行うようになり、夜ぐずっても1時間くらいで収まるようになりました。

朝日を浴びる

朝日を浴びるとセロトニンが分泌されます。

セロトニンは脳を覚醒させてくれるのため、眠気が取れて、朝から活動しようというモードにさせてくれるそうです。

赤ちゃんのころはまだ体内時計が大人のように朝夜を区別できていないので、朝日を浴びて生活リズムをつけてあげると、夜も寝やすくなってくるそうですね。

夜は暗くする

眠りのホルモン「メラトニン」は暗いことから分泌されます。

なので夜は暗くしてメラトニンが分泌されやすいようにしてあげると、寝やすくなります。

セロトニンとメラトニンの分泌量は比例関係なっているようなので、朝は日を浴びて、夜は暗くすると、どちらにも良い効果がでるそうです。

散歩をする

昼間に赤ちゃんも体力を使って疲れないと、寝づらいです。大人もそうですよね。

生後1ヶ月くらいは外気浴をやってました。

ベランダに5分くらいでるだけですが、自分もとても気分転換になりよかったです。

お風呂入れる時間を毎日同じにする

お風呂に入ると交感神経が活性化して、体温上昇や興奮したりするため、寝付きにくくなると言われています。

そのお風呂の時間が毎日違うと、眠りにつくリズムもなかなか整わなくなってしまいます。

なので、できるだけ毎日同じ時間に入れるとよいみたいです

また、夜遅くに入れるのも、なかなか寝れなくなってしまうので、あまりよくないようですね!

スリングもよかったです

うちの子は夜寝る前はいつも3、4時間ぐずりました。

そのとき、いつも手だけで抱っこしていたのですが、かなりつらいです。

いいものないかな、と探していたら、スリングを見つけました。

肩掛けの抱っこ紐のようなもので、赤ちゃんがまるまって抱けます。

赤ちゃんはまるまってると、お腹の中にいるみたいで、安心して寝やすいようです。

実際に使ってみると、30分くらいで寝てくれました。(10分くらいのときもあります)

しかも、腕がつかれなくてよいです。

ただし、片方の肩に負担がかかるのは少しきになるかもです。

ママの睡眠不足にも注意

ママの睡眠不足にも注意です。

赤ちゃんのお世話に一日追われていると、いつの間にかママが睡眠不足になっちゃいます。

新生児のうちはとくに、夜も睡眠時間が短く2、3時間毎に授乳、おむつ替えで起きますよね。しかも、最初は育児になれないため、授乳、おむつ替え、服汚れて着替え、、、とやっていると、1時間とかへいきで経ってた気がします。

すると1時間くらいしか寝れず、あのころは毎日眠かったですね。

私の場合は2、3ヶ月ころから、睡眠時間が長くなってきて3、4時間毎くらいになり、育児も慣れてきて、だいぶ楽になりました!(人によると思いますが)

生後4ヶ月頃は夜通しで寝てくれるようになりました。たまに起きて授乳しますが、ずいぶん楽です。あまり長く寝ていても心配になりますが。

人によってだと思いますが、あたしの母は弟が2歳まで2、3時間おきに夜起きてたそうです。。。つらいですね。

そんな感じで、睡眠不足になると、日々の生活に支障でますよね。

睡眠不足の状態では、持っている能力を100%出しきれないということが、研究の結果わかっているみたいです。

確かに、睡眠不足の状態ですと、ぼーっとしたり、いらいらしやすかったり、作業効率も落ちていいことないですよねー><

ママの状態は家族みんなに広がるといわれます。

赤ちゃんにも伝わるので、ベストな状態で育児したいですね!

かといって、なかなか夜は連続して寝れない、昼間は家事があり、育児もあるため、なかなか寝れないと思います。

家事を夫に手伝ってもらったり、60%のできでやる、赤ちゃんの昼寝の時に一緒に昼寝する、等、休めるときに休みましょー。

また適度な運動をすると寝付きやすいため、赤ちゃんのためだけでなく、ママのためにも散歩など軽い運動は大事だなと思いました!

頑張りすぎず適度に育児、家事をやりたいですねー^^

 

 

 

よろしければクリックお願いいたします^^励みになります^^


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク