ZRX:0xとは?価格、チャート、購入方法、対応取引所、今後

@なるみです。

Binanceの取り扱いコインで気になるプロジェクトについて勉強中です。

今日はZRX(0x)についてまとめたいと思います。

スポンサーリンク

0x(ZRX)とは?

0xとは分散型取引所(DEX)のプロトコル

0xとは分散型取引所(DEX)のプロトコルで、イーサリアムベースに開発されています。

DEXについては

分散型取引所(DEX)とは?メリット、デメリット。どんな取引所がある?

にてまとめていますのでご参考にして頂けると嬉しいです。

DEXはブロックチェーン上ですべての買い注文、売り注文を処理していますが、

0xはオフチェーンで確認して、最終結果をブロックチェーンに保存する

というような感じです。

なので、0xはDEXのコスト高い、取引に時間がかかる、

というデメリットを解消してくれるということです。

すごいよさそうなプロジェクトじゃないですか!

具体的にはリレイヤーという、取引所のようなことができるものがいて、

リレイヤー同士がオフチェーンにて注文をマッチングさせる感じです。

例です。

リレイヤーAにて、TESTトークンを1ETHで買いたい人がいて

リレイヤーBにて、TESTトークンを1ETHで売りたい人がいた場合

リレイヤーAとリレイヤーBは違うリレイヤーですが、

0xを使ったリレイヤーですと、TESTトークンを1ETHで買いたい人と売りたい人を

つなげることができます。おお!

0xのスマートコントラクトをつかってトークンの交換ができます。

このようにリレイヤーは注文をつなぐことができます。すごいな!

リレイヤーが増えれば増えるほど、拡大していくので、流動性も上がります。

リレイヤーへの報酬は、ユーザの手数料です。ZRXというトークンで支払われます。

ZRXの量はリレイヤーが決めることができるそうです。

面白い仕組みですね!

発行上限枚数は10億ZRX

ZRXは0xのトークンで、最大供給量は10億です。

その他、基本情報

公式サイト:0xproject.com/

ホワイトペーパー:0xproject.com/pdfs/0x_white_paper.pdf

Reddit:www.reddit.com/r/0xProject/

0x使用方法の紹介:0xproject.com/wiki#List-of-Projects-Using-0x-Protocol

スポンサーリンク

0x(ZRX)の特徴

「0xとは」で書いたことを

オフチェーン決済

0xはオフチェーン(ブロックチェーン外で決済、取引)での決済なので、

ガスコストの削減、ブロックチェーンが膨張することを防げます。

現状、オフチェーン技術をつかったものはbitFlyerのbitwireがあります。

ビットコインは1ブロック約10分で生成していて、

入金処理はブロック3つ確認後のだいたい30分です。

bitwireは1秒で送金完了します。

オフチェーンはそんな感じです。

標準APIにより流動性を確保

API(Application Programming Interface)は、

ソフトウェアをweb上に公開して、

他のソフトウェアと機能を共有できるようにするもののことです。

だれでも使えて、他のソフトウェアと機能を共有できるので、

いろんなことができるかんじですかね。便利ですね~。

そのAPIで、いろんなことができるようにして”流動性”を確保する。

流動性って、「ものを簡単に流れるようにする」

お金での流動性は「換金のしやすさ」って感じですね。

「APIで流動性を確保」っていうのは、

APIで仮想通貨の換金を簡単にやり取りできるようにするってことですかね。

たとえば、NEM(ネム)のnanowalletはAPIですね!

ECR20トークンの取引が簡単

ECR20トークンに対応した2つのトークンの交換簡単にできます。

どういうことかというと、

現状、トークン同士の交換はできないのですが、

ERC20トークンに対応したトークン(AugurとStatus)を交換できるようになる

のだと思います。

便利ですよね!

下記は0xプロジェクト上に構築されているトークンたちです。

AugurやStatusがあります。

Augur、Statusについては

仮想通貨Augur(REP)とは?価格高騰1万円超え。買い方は?
SNT:Statusとは?価格、チャート、購入方法について

にまとめていますのでご参考にしてください。

スポンサーリンク

ZRX(0x)のチャート、価格

右肩上がりですね!

現在(18年1月30日)、1ZRXが200円くらい。

当初(17年10月)、1ZRXが20円くらい。3ヶ月で10倍です。

なんでもそうですが、いいICOみつけるとうんと利益えらますよね!

www.coingecko.com/0x/jpy より。

ZRX(0x)の購入方法、対応の取引所は

ZRXを取り扱っているのは、主に以下3つの仮想通貨取引所です。

・中国仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)

・アメリカ仮想通貨取引所Poloniex

・香港仮想通貨取引所Bitfinex

BINANCE(バイナンス)

中国仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)で購入できます。

日本語対応はしていますが、日本円入金はできません。

BINANCE(バイナンス)分岐コイン付与!登録方法、使い方、メリデメまとめ。

でBINANCEの使い方もまとめてますので、ご参考にしてください。

Poloniex(ポロ二エックス)

Poloniexはアメリカの大手取引所です。有名です。

日本円を入金できません。日本語対応してません。

パスポートがないと登録できません。

Bitfinex

Bitfinexは香港仮想通貨取引所でドル建てビットコイン取引量が世界一です。

過去に2度のハッキング被害を受けていますが、

現在は顧客の損害に対する返済は終えているようです。

新規登録者が殺到しており、2017年12月から新規登録を制限されています。

スポンサーリンク

0x(ZRX)の今後は

個人的にはこれから需要あり、伸びていくものかなぁと思います。

DEX(分散型取引所)系は今後なくてはならいのではないかと思うからです。

中央集権型取引所はハッキングリスクに常にさらされています。

DEXはハッキング問題に対応できるので、

これからどんどん必要とされていくと思います。

分散型取引所(DEX)とは?メリット、デメリット。どんな取引所がある?

最近(18年1月末)には、

コインチェック(Coincheck)がNEM(ZEM)560億相当のハッキング被害もありましたし、

コインチェックNEM/ZEM1月26日ハッキング被害…状況まとめ。NEM/ZEM中華とは?

その前から、中央集権型取引所はなんどかハッキング被害にあっています。

お金が集まるところのリスクはしかたないですよね><

仮想通貨は特に自己管理が大事だなぁと思う日々です。

自身でウォレットに管理する、

自己責任で投資していることを意識して行動する、

そう思いなおしました!

と、話は少しそれましたが、

そんな感じの仮想通貨市場ですのでDEXは今後広がると思います。

0xの今後に期待です。

 

 

 

よろしければクリックお願いいたします^^励みになります^^


人気ブログランキング

 

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク